和歌山生協連の活動

6月26日「第22回通常総会」開催

【2012.07.30 更新】

2012年度活動方針基本テーマ「県連の果たすべき社会的役割の発揮と県民のくらしへの貢献」

和歌山県生協連の第22回通常総会が、6月26日わかやま市民生協組合員ホ-ルにて開催されました。各会員生協の代表である代議員35人、オブザ-バ-8人、来賓7団体7人の参加がありました。
通常総会は、会長理事の挨拶、開会宣言ではじまりました。

ご来賓よりお祝いのごあいさつ

 当日お越しのご来賓を代表して、日本生活協同組合連合会関西地連 事務局長 山内 寛様、和歌山県農業協同組合中央会 専務理事 山崎龍平様、公益社団法人和歌山県労働者福祉協議会 常務理事 池永 謙様よりご挨拶をいただきました。和歌山県からは、環境生活部県民生活課副課長 上村英之様にご出席いただきました。
 祝電・メッセージを和歌山県知事をはじめ各団体、全国の各生協・生協連から59通いただきました。

全議案が提案どおり可決決定

 第1号議案「2011年度活動報告・決算報告・剰余金処分案承認の件」、第2号議案「2012年度活動方針・収支予算・事業計画決定の件」、第3号議案「役員補充選任の件」、第4号議案「議案決議効力発生の件」について、採決の結果可決されました。
総会アピ-ルも拍手で確認されました。
 

総会終了後、懇親会を開催

 約1時間という短い時間でしたが、ご来賓の方にもご参加していただき、代議員、オブザーバーとともに交流を深めました。
ご来賓のご挨拶や、退任・新任役員の挨拶。和歌山県労働者共済生協、住友金属和歌山生協、和歌山大学消費生活生協、紀の国医療生協から報告がありました。